商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL 日焼けをリセット!体の中から対処するアフターケア術

JOURNAL

INNER CARE

日焼けをリセット!体の中から対処するアフターケア術

2024.5.2

連休にお出かけの予定を立てている方も多いのではないでしょうか。
 
ピクニックやバーベキューなど、外でのアクティビティを楽しむ日には日焼け止めが欠かせません。
 
「夏本番はまだ先」と思いがちですが、紫外線ケアが大切な季節はもう始まっています。
日焼け止めを入念に塗ったとしても、紫外線を100%ブロックできるとは言い切れません。
塗りムラができたり汗で落ちたりと、日焼け止めで十分に肌を守れず「うっかり日焼け」をすることがあります。
 
「肌が赤くなってヒリヒリ」
「赤くなってからこんがりと黒くなる」
「赤くならずにすぐに黒い肌になる」
など、日焼け後の症状は人によってさまざま。
 
肌の赤みや痛みが軽い方は「そのうち状態がよくなるだろう」と、ケアに無頓着になりがちです。
 
ですが、赤みや痛みなどの炎症反応は軽くても、肌の細胞はダメージを受けています。
その結果シミ・シワ・そばかすといった肌の悩みにつながることがあるのです。
 
でも状況に合わせたアフターケアで、紫外線による肌への影響を軽くできるかもしれません。

紫外線を浴びた肌はメラニンという物質を生み出します。
メラニンは黒色の色素で、肌の中間部分に(表皮と真皮の境目)広がっていきます。
それより奥にあるコラーゲンなどの組織まで紫外線が浸透しないように防ぐのです。
 
ハリのある肌を保つために大切なこのメラニン。
過剰に作られすぎると排出されずに肌にとどまり、シミ・そばかすとなって残ることに。
そのメラニンを作るのは、メラニン工場となる「メラノサイト」という細胞です。
 
メラノサイトは誰でも持っているものですが、その能力は人それぞれ。
 
メラニンをよく作れるタイプの人は肌があまり赤くならず、すぐに黒くなります。
このタイプは肌の内側を守る力に優れているので、シワ・たるみにはなりにくいでしょう。
ですがメラニンの排出が追いつかないと、シミ・そばかすが生まれやすくなってしまいます。
 
一方で日焼けして肌が赤くなり、あまり黒くならないのは、メラニンを作る力が弱いタイプの人です。
メラニンの量が少ないため肌奥にダメージが到達しやすく、シワやたるみ、毛穴の開きなどに要注意。
とはいえ、シミ・そばかずができにくいことに安心もできません。
このタイプは色白な人が多いので、少しのシミ・そばかすが目立ちやすいのです。
 
紫外線やメラニンは肌の老化に直結するので手強い相手ではあります。。
ですが、紫外線を浴びても、すぐにシミ・そばかすが発生するわけではありません。
「日焼けしてからではもう遅い」と対策を諦める必要はないのです。
 
紫外線を浴びて、シミの元であるメラニンがつくられるには1日以上かかるとされています。
つまり日焼けをした後からのケアでも、充分に意味があります。
 
後追いでやってくる紫外線ダメージ。
 
紫外線が体に入ってしまっても、それを短時間のうちにいかにリセットできるかが大切です。
 
日焼け後のアフターケアは「鎮静」と「栄養補給」がキーワード。
 
「鎮静」として、まずは日焼け直後の炎症がおさまるよう、ローションパックなどで肌を冷やしましょう。
炎症の影響でメラノサイトが過剰に働くことがあるからです。
 
肌を冷やして炎症を落ち着かせると、メラニンが作られすぎるのを防げます。
 
翌日など、肌の炎症がおさまったタイミングで、蒸しタオルなどを使った温めるケアもおすすめです。
肌を温めることで代謝が良くなり、メラニンのスムーズな排出をうながせます。

外から鎮静させるだけでなく、体を内側から整える「栄養補給」も忘れずに。
 
紫外線を浴びた肌には「活性酸素」が生まれます。
活性酸素は、肌の細胞を酸化・老化させる原因となるものです。
 
メラニンをつくるメラノサイトも活性酸素によって老化します。
必要がないのにメラニンを作り続けたりと誤作動を起こすきっかけに。
 
そのため日焼けのアフターケアとして、口から抗酸化成分を摂り、細胞に届けることが肝心です。
 
抗酸化作用を持つ栄養素の代表格はビタミンC、ポリフェノール、カロテノイド。
●ビタミンCを多く含む食品
赤ピーマン、ブロッコリー、ジャガイモなど
 
●ポリフェノールを多く含む食品
なす、緑茶、ブルーベリーなど
 
●カロテノイドを多く含む食品
トマト、鮭、ほうれんそうなど
 
日焼け後にこれらの食材を一度に食べるのは、難しいこともあるでしょう。
さらに、食べ物から栄養を摂るとなると、ある程度の量も必要となってきます。
 
そんななかで手軽に栄養を摂るには、紫外線ダメージにプラスにはたらく栄養を凝縮したサプリメントを活用するのがおすすめ。サプリメントで毎日ムラのない栄養補給を習慣化できます。
 
塗る日焼け止めは紫外線の侵入を防ぐもの。
対してアフターケアでは、紫外線を浴びてしまったときにシミなどが残らないよう対策できます。
 
目的が異なるので、日焼け止め「だけ」にかたよらないことがポイントです。
外出前の日焼け止めケアと、帰宅後のアフターケアの両方に取り組めると、完璧な紫外線対策に近づけます。
 
どちらも、続けてこそ効果を得られるもの。
日焼け止めを塗ったり塗らなかったり、サプリメントを飲んだり飲まなかったり、ということのないように。
受けたダメージをリセットできるタイムリミットまでに、できる限り働きかけるイメージで毎日ケアしましょう。
 
今の時期から紫外線対策を続けると、夏の終わりまで透明感ある肌をキープできるはず。
日焼けしてしまったと悔やまずに、「まだ間に合う!」とアフターケアを念入りに。
「鎮静」と「栄養補給」でダメージを最小限にしていきましょう。

シンプリス ウルトラV プロ

VIEW DETAILS

<サプリメント> 20.6g(30袋)

HOME JOURNAL デリケートゾーンの黒ずみ対策、セルフケアのポイントは?